スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICTがおにスポに与えた物・・・

総務省のICT「遠隔運動指導ネットワーク構築事業」が明日30日で一区切りする。
札幌のNPO法人健康保養ネットワークさんのお手伝いをする形で始まったこの事業、クラブハウスの開業と重なって当初は混乱を極めました。バイタルチェックやバイタルデータの入力はご高齢の方々には難しい作業であり、結局、紙データに書き出し後日女性スタッフが入力するなど開発者の意図とは掛け離れた物だったに違いない。
また、動画を使った多くのクラスも「わからなくてもどんどん先に進んでしまう」など参加者を満足させられたかといえばそうではなかっただろう。
しかし、木曜日のLIVEに関しては少し違う。
音声はお世辞にも褒められたものではないが、生中継で、しかも双方向のやり取りの中で生まれるライブ感は参加者を大いに盛り上げ、笑いが絶えないクラスとなった。

この事業がもたらしてくれた成果はやはりこの部分に尽きると思う。
結局、一流であろうと三流であろうと、人と人とのつながりが笑顔をもたらすのだということだ。
8月以降はこの動画を使用するクラスが無くなり、生中継が2クラスに増えます。(都合によりDVDの場合もあります)
是非、ご参加ください!!
スポンサーサイト

「新しい公共」・・・

今日、午前中の話。
私は若草つどいセンターへ、スポレックの指導に行っていました。
戻ってくるとスタッフの二階堂さんと金子さんが「今日は警察ざたがありました」と言うではありませんか(汗
聞けば10時30分頃、自動ドア越しに80歳位のおばあちゃんの手を引く50歳後半の男性が入りたそうにうろうろしていたそうで、外に出て声をかけると「私は仕事があるのでこの人の面倒を頼む」と・・・
この男性は通りがかりの親切な方で、パジャマ姿のおばあちゃんを見かけて、「もしかしたら認知症かも」と思い放っておけなかったのだそうだ。
とりあえずサロンで休ませ警察へ電話をし、無事に家族のもとへ帰ったそうです。
まずは無事で何より。冷静な対応をしてくれたスタッフに感謝です。
なんか、クラブハウスがほんの少し地域に貢献できたのかなぁ~なんて思ったりしました。

            ~文部科学省が進める「新しい公共」~
地域の課題(学校・地域連携・健康増進・体力向上・子育て支援など)の解決も視野に入れて地域住民が主体的に取り組むスポーツ活動を推進することにより、地域のクラブがスポーツを通じて「新しい公共」を担うコミュニティの拠点として充実・発展していくことを促進する

一朝一夕には行かない現実はあるにせよ、”一歩一歩”歩みを進めてこの「新しい公共」の場になれるよう頑張らねば。

気持ちを切り替えて・・・

7月9日夕張平和運動公園。
U15は初めての4回戦進出を掛けてユーベル苫小牧と対戦しました。
やはり力の差は明らかだったと思うが、それでも善戦していたと個人的には感じています。
もし、早い段階で・・ あるいは後半システム変更した直後に決められたら・・流れはどうなっていたのだろうか・・などとタラ・レバを言ってもしょうがないか(汗

さて、気持ちを切り替えて次はMリーグ制覇だ。

今回のクラブ選手権で経験した厳しい戦いを活かして必ず優勝し、次の階段を登ろうじゃないか!

バカボンのパパ・・・

恥ずかしながら私、、、本日が誕生日です。
先ほどまで、スタッフがサプライズで誕生会を開いてくれて嬉しかったです。
実は、忙しさのあまり誕生日のことはすっかり忘れていて(汗
水曜日の若草集いセンターで笹を運んでいる団体さんを見て「あぁ、、七夕かぁ・・・て、誕生日やん」
て、感じです(笑)

「41歳の春だから♪」みたいな曲、知ってます?
天才バカボンのエンディング。バカボンのパパって41歳の設定なんですよ。
この曲が正しければですが。

おれもバカボンのパパの領域に足をふみいれたのかと思うと感慨深いですなぁ。
自分が選んだ道。「これでいいのだ!」と胸を張って言えるように41歳。頑張ります。

U15の諸君。最高のプレゼントを夕張の地で待っているぞ!!!

クラブ選手権1回戦

今日行われたクラブ選手権。
内容はほめられたものではないが、逆転で勝利したことは褒めてあげたいと思います。

<戦評>
恐れていたFKで失点するも直後、左サイドでのFKを木島が直接決め返して息を吹き返す。
立ち上がり、ロングボールを多用する相手に対して怖がりラインを下げてしまう場面が目立つ。
そのため中盤からのプレスが掛からず苦戦を強いられることに・・・
ここから相手陣内で木村、新垣、横野が厳しいプレッシングを掛け徐々に主導権を握る。
怒涛の攻撃からセカンドボールを拾った須田が技ありのミドルシュートを放ち逆転に成功。
前半終了間際、インターセプトに成功した加藤から絶妙のスルーパスを受けた横野が冷静に蹴り込み前半を終える。後半立ち上がり、攻め込まれる場面にもキャプテン松林のカバーリングで難を凌ぐ。
後半の中盤に差し掛かり、ようやく落ち着いてボールを運び始め、横野がダメ押しのゴールを奪い試合は終了する。


北海道クラブユース選手権大会 1回戦詳報
登別FC U-15 4-1(3-1,1-0)FC.NORTE(札幌)

スタメン(登別FC分)

1. 高橋椋太
2. 寺沢雄貴(→75分 稲原斗馬)
4.  木島康晴
5. 松林亮吾
7. 木村駿希(→76分 小森智)
8. 須田啓太(→50分 菊池泰征)
9. 横野佳史
10. 羽沢大励
11. 新垣 豪
14. 大沢賢人
15. 加藤学歩

得点
18分 失点
20分 木島康晴
25分 須田啓太
35分 横野佳史
58分 横野佳史

次回、2回戦 7月9日14:30キックオフ  対戦相手 バーモス恵庭  夕張平和運動公園陸上競技場

以上

暑くなってきました・・

ここ何日かで登別もようやく暑くなってきました。
整備の委託を受けている市営陸上競技場は油断するとあっという間に草が伸びてしまいます。
こんな中、あたらしく始まった「おにスポ☆kids・foot☆」には3歳、4歳児12名が元気に集合。
やわらかいサッカーボールを使い、元気に走り回っていました。

さて、登別FC U15は日曜日から最大の目標である「クラブ選手権」が夕張市で行われます。
今年は、クラブ史上最高となる3回戦突破をひとつの目標にしています。
こちらも熱くなってきました!! 応援よろしくお願いします。


7月3日(日)夕張市平和運動公園多目的会場 14:30キックオフ VS FC NORTE(札幌)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。